有村架純 菅田将暉

映画『花束みたいな恋をした』公式サイト

脚本:坂元裕二 監督:土井裕泰

製作幹事:リトルモア、TBSスパークル 配給:東京テアトル、リトルモア © 2020『花束みたいな恋をした』製作委員会
OFFICIAL TWITTER

来冬 全国公開

Introduction

映画『花束みたいな恋をした』は、「東京ラブストーリー」(’91)、「Mother」(’10)、「最高の離婚」(’13)、「Woman」(’13)、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(’16)、「カルテット」(’17)、「anone」(’18)など、各時代において連続ドラマの金字塔を数多く手掛けてきた脚本家・坂元裕二が書き下ろした恋愛映画です。坂元裕二が映画でラブストーリーの脚本を手掛けるのは『世界の中心で愛を叫ぶ』(2004年・共同脚本)以来であり、オリジナル作品としては初めてのことになります。
主演をつとめるのは、有村架純と菅田将暉。『ストロボ・エッジ』(’15)、『映画 ビリギャル』(’15)、『ナラタージュ』(’17)、『コーヒーが冷めないうちに』(’18)、『フォルトゥナの瞳』(’19)など多くのヒット映画で主演やヒロインを演じて来た有村架純と、『溺れるナイフ』(’16)、『キセキ -あの日のソビト-』(‘17)、『帝一の國』(’17)、『あゝ、荒野』(’17)、『アルキメデスの大戦』(’19)など個性的な話題作から大作まで幅広く主演をつとめて来た菅田将暉。時代の先端を疾走する二人の実力派俳優の〈初のダブル主演〉による共演が本作で実現しました。

描かれるのは、執筆段階から坂元裕二が主役に想定していたという有村架純と菅田将暉が、東京・井の頭線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会い、その夜から始まる物語。時代、時間、場所、すべての偶然が運命のようにシンクロしてゆくひとつの恋の5年間の行方と、子供でも大人でもない時期を迷いながら歩んでいく二人のリアルな姿。監督は『罪の声』(出演:小栗旬、星野源 ‘20公開予定)の公開も控える土井裕泰。『いま、会いにゆきます』(’04)、『ハナミズキ』(’10)、『映画 ビリギャル』(’15)など多くの大ヒット映画を手がけて来た土井監督は、ドラマ「カルテット」で坂元裕二と組んで以来、映画では初のタッグとなります。

2020年に、この上ない期待を孕んだ、決定的な恋愛映画が生まれようとしています。

Comment

有村架純

(坂元裕二オリジナル脚本による映画の主演に起用されたことについて)
率直に言いますと、とても光栄です。坂元さんが描くあの空気や言葉たちをまた、自分の中に落とし込めると思うと。別次元で存在しているかのようなファンタジー性も感じながら、どう呼吸出来るのかとにかくやり尽くすのみです。

(菅田将暉さんとの共演について)
これまで感じてきたこと、互いにあると思います。そんな瞬間に再び菅田さんとお芝居させていただくことは意味があるのではと感じています。敬意を持ちながら思うものを提示していくことが出来ればと思います。とても楽しみです。

(撮影に向けての意気込み)
土井監督とも5年ぶりにご一緒するので、この時間をしかと焼き付けたいと思います。濃い日々になりすぎて胸焼けすることを期待して、皆さんと同じ方向を目指して頑張ります。

菅田将暉

数年前に坂元さんにラブストーリーをやりたいと唐突に想いをぶつけた事がありました。
待って、待って、待ち焦がれた本。
自分の大事にしてきたものや好きなものを共有できた時の心の喘ぎ。
そこから始まる繊細すぎるというと肥大し過ぎですが、現代人のナイーブな部分がリアルに描かれていて、すごく好きな脚本です。
同じ関西人の有村さんには馴染みやすさと柔らかさとクレバーな幹の太さを感じています。
土井監督のもと、有村さんと始まる僕らの物語。今はただ楽しみです。
浮かれず一つ一つ丁寧に作っていけたらと思います。

坂元裕二(脚本)

憧れでもなく、懐かしむのでもなく、今を生きる人のための、今のラブストーリーを作りたいという思いでいます。22歳で出会った二人の恋の5年間に噓が混ざらないようにと、ただただ真っ直ぐに映し出しました。それこそが何よりせつなくもあり、コミカルでもあり、美しく、心を震わせてくれるものと信じています。主人公二人がただ恋をするだけの映画です。お楽しみに。